スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「サンザシの樹の下で」

東京帰りの新幹線でダウンロードしてみた映画。
「サンザシの樹の下で」

チャン・イーモウ(張藝謀)監督による、文化大革命の時代を背景にしたラヴ・ストーリーです。

内容は、
 1970年代はじめ。都会の高校生たちが農家に住みこんで、労働を学ぶ農村学習。その村で、最終学年の女生徒ジンチュウ(静秋)は、地質探査隊の青年スン(孫建新)と出会う。

 恋など意識しないまま、親しくなり、ジンチュウが都会にもどってからも、スンはたずねてきた。おくてのジンチュウも、スンを恋しく思うようになる。

 男女の自由な交際がみとめられる時代でなく、ジンチュウの母の反対もあり、二人はしばらく会わないことにするが、やがてスンが不治の病にかかっていることがわかる……。

 ジンチュウの父が右派として労働改造所に送られ、母も職場でにらまれているなど、当時の事情が、二人の恋を左右する要素としてストーリーにからんでくるが、それはあくまで背景であって、主眼は、青年と純真な少女の悲恋ものがたりである。

 二人のからみの、ほとんどサイレント映画のような静かなシーンが、美しい。

 ジンチュウ役の新人チョウ・ドンユィ(周冬雨)は、「初恋のきた道」(99年)のチャン・ツーイー(章子怡)が美少女の一典型を強力に打ち出したのとは対照的に非典型的な、微妙な魅力の少女。1時間54分。

新幹線の中で涙涙!!!
なんとも言えない切ない思いで胸がいっぱいになります。
私のオススメの1本です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クロモニ♡あいん

Author:クロモニ♡あいん
半音階のでるクロマチックハーモニカで音楽活動しています。
関西を中心に教室で後進の指導と演奏活動が主な仕事。
日々のレッスンでの出来事、おススメの本や映画、旅日記など徒然に書いています。どうか、おつきあいくださいね!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
これまでのお客様数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。