FC2ブログ

「糺の森」~下賀茂神社

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

下賀茂神社の参道は
「糺の森」(ただすのもり)
と呼ばれています。
賀茂川と高野川の合流地点に発達した原生林です。

「ただす」とは、
そこを歩くことによって、背筋が正され、
天から降りてくる糸と繋がるようになる。ということだそうです。
糺す
糸へんに礼の右側。

「人生、生き方、心構えが正される場所」

糺の森を歩く時、意識することは、
天から降りてくる糸と自分の背骨が繋がるつもりで、
背筋が正されるように、、、。

昔の日本人は、日常の生活の中で、
当たり前のように罪・ケガレを浄化していました。
お風呂に入ったり、川辺を散歩したり、手洗いしたり、、、。

そうして、天から降りてくるアイデアやひらめきを頂いていたのでしょうね。
京都大学出身のノーベル賞受賞者が多いのも頷けます。
新井満さんは、この糺の森で、「千の風になって」のメロディーを天から授かったそうです。

「糺の森」を歩いていると、すがすがしく気持ちの良い空気に体中が綺麗に洗われるような気分になります。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

歩いた後に高瀬川や鴨川でゆっくり過ごし、心に溜まったケガレを川に洗い流すと尚良いでしょう。

糺の森の中、「瀬見の小川」の西側にあるのが玉依姫命を祀る摂社の河合神社です。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

「方丈記」の著者・鴨長明ゆかりの神社でもあります。

賀茂社の社家に祀られていた屋敷神だったという。
秦氏が祀っていましたが、賀茂氏が秦氏の婿となり、祭祀権を譲られたとの伝承があります。
ここで「方丈記」を書いたそうです↓。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

次は、上賀茂・下賀茂神社の御祭神「玉依姫命」(たまよりひめ)と「葵祭」について
つづく、、、。
スポンサーサイト



プロフィール

クロモニ♡あいん

Author:クロモニ♡あいん
半音階のでるクロマチックハーモニカで音楽活動しています。
関西を中心に教室で後進の指導と演奏活動が主な仕事。
日々のレッスンでの出来事、おススメの本や映画、旅日記など徒然に書いています。どうか、おつきあいくださいね!

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
これまでのお客様数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR