穴場の大阪「難波宮」

難波宮アプリ
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2012/arnaniwanomiya.html
って知ってる?無料でダウンロードできますよ。

大阪城近くにある大阪歴史博物館。(NHK放送局に隣接しています)
ゴールデンウィークの初日の27日に遊びに行きました。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
大阪の古代から現代までの常設展示コーナーへ。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
大化の改新のちょっと前の時代かな?
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
「ARマーカー」見つけたぞ~~
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
さあ、「Ipad mini」でアプリ起動!
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
難波宮あたりをかざすと、、、
でた~~~~
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
昔のあったであろう場所に、当時の建物が浮き上がってきます。
面白い~~ニコニコ
そして、難波宮公園へ移動します。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
先ほどのアプリの「偉人カメラ」を起動!
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
誰かわからへんけど、お坊さんっぽい人が登場!
思わず拝んでしまいました。

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
大阪の真ん中にこんなに広い公園があったのですね~

今、大阪北ヤードは凄い人です。
ゴールデンウィーク、難波宮でゆっくりと遊ぶのもいいですよ!
地下鉄谷町線「谷町四丁目」駅すぐです。
公園でお弁当広げて、、、もいいですね!

高槻にもこんな公園できたらいいなぁ~~ラブラブ
スポンサーサイト

玉依姫命と「葵祭」

葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市の賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭です。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

賀茂御祖神社の御祭神、玉依姫命。

「タマヨリ」とは、「霊依」あるいは「魂憑」からきたもので、神の依り憑く巫女、あるいは神霊が憑依する乙女の意味といわれています。

「タマヨリ」の女性は、神婚による処女懐胎によって神の子を宿したり、選ばれて神の妻となったりする。そういう巫女的霊能力のある女性を総称して玉依姫命と呼んでいるのです。

つまり元祖「マリア様」なのです。

『山城国風土記』(逸文)の賀茂神社縁起(賀茂伝説)によると、
玉依比売(タマヨリヒメ)は、上賀茂の方向から川に流れてきた丹塗矢を拾って、枕元に置いて寝たら、次の日に懐妊して神の子(賀茂別雷命)を産んだ。と言われています。

5月15日、近衛使・検非違使と・山城使・馬寮使[5]・内蔵使による本列と、斎王代をはじめとする女人列による路頭の儀(ろとうのぎ)では、平安時代の衣装を身にまとった人々が牛車とともに京都御所から下鴨神社を経て上賀茂神社まで約8kmの道のりを行列します。

その「斎王代」は未婚の女性が選ばれ、神様の意識(メッセージ)を下すための儀式をします。
なぜ、未婚なのでしょうか?
それは、処女懐妊、マリア様=玉依姫命だからなのです。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

葵祭とは、玉依姫命の処女懐妊を祝う儀式。
つまり、、、

新しい自分の誕生を祝う儀式なのです

本当の自分に目覚め、霊的に進化すること。

「本当の自分ではない気がする、、、。」と思うときは変化の時。
人生の中で変化し進化する段階は何十回もあります。

振り返れば、あの時の私は今の私とは違って子供だった、、、。
と思うことなんて沢山あると思います。
でも、その時の自分もその段階では本当の自分なのです。
色んな段階の自分があるのです。

私も、今まで数々の失敗を重ね、その度に新しい自分に生まれ変わりました。
あの時もあの時も、、、失敗しなかったら今の私は無かったでしょうね~~
失敗は進化するチャンス!!

大きな失敗や事故、病気など以外、一っ飛びに進化するのは無理です。
一つずつ経験して、その時その時、本当の自分に目覚める。

今年も葵祭の日はレッスンで参加できないです~~残念。
いつか見学してみたい行事です。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

「糺の森」~下賀茂神社

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

下賀茂神社の参道は
「糺の森」(ただすのもり)
と呼ばれています。
賀茂川と高野川の合流地点に発達した原生林です。

「ただす」とは、
そこを歩くことによって、背筋が正され、
天から降りてくる糸と繋がるようになる。ということだそうです。
糺す
糸へんに礼の右側。

「人生、生き方、心構えが正される場所」

糺の森を歩く時、意識することは、
天から降りてくる糸と自分の背骨が繋がるつもりで、
背筋が正されるように、、、。

昔の日本人は、日常の生活の中で、
当たり前のように罪・ケガレを浄化していました。
お風呂に入ったり、川辺を散歩したり、手洗いしたり、、、。

そうして、天から降りてくるアイデアやひらめきを頂いていたのでしょうね。
京都大学出身のノーベル賞受賞者が多いのも頷けます。
新井満さんは、この糺の森で、「千の風になって」のメロディーを天から授かったそうです。

「糺の森」を歩いていると、すがすがしく気持ちの良い空気に体中が綺麗に洗われるような気分になります。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

歩いた後に高瀬川や鴨川でゆっくり過ごし、心に溜まったケガレを川に洗い流すと尚良いでしょう。

糺の森の中、「瀬見の小川」の西側にあるのが玉依姫命を祀る摂社の河合神社です。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

「方丈記」の著者・鴨長明ゆかりの神社でもあります。

賀茂社の社家に祀られていた屋敷神だったという。
秦氏が祀っていましたが、賀茂氏が秦氏の婿となり、祭祀権を譲られたとの伝承があります。
ここで「方丈記」を書いたそうです↓。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

次は、上賀茂・下賀茂神社の御祭神「玉依姫命」(たまよりひめ)と「葵祭」について
つづく、、、。

下賀茂神社&上賀茂神社(京都編)

京都の大学に行っていたのに、、、
何故か行けなかった「下賀茂神社」&「上賀茂神社」。
やっと今年になって参拝できました。

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

秘すれば花なり。

~世阿弥「風姿花伝」第七 別紙口伝より。

秘する花を知ること。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、という。
この違いを知ることが、花を知る重要点である。
そもそも一切、諸道、諸芸において、その家々で秘事とされるものは、秘することによって大きな効用があるゆえである。
つまり秘事は露見すれば、秘密にしておく程のものではないのだ。
これをそれほどのものではないという 者もいるが、それは未だ秘事の大きな効果を悟らぬゆえである。
まずこの花の口伝、「ただ珍しさが花なのだ」ということをすべての人が知ってしまえば、さあ、珍しいものが見られるはずだと思い期待する観客の前では、いくら珍しい芸を披露してみたところで見ている人の心に珍しいという感覚が生まれるはずもない。
見ている人にとってそれが花だということがわからないからこそ、シテの花ともなるものなのだ。
されば見る人が思いのほか面白く演じる上手だ、とのみ感じ、これが花だとわかっていないことがシテにとって花となる。
つまりは人の心に思いも寄らない感動を呼び起こす手立て。
これこそが花なのである。

隠されることによって本物より美しくなる

世阿弥の能も京都の産土力で産まれた文化です。
京都はオープンにされていないことが多いです。
よく「京都のひとは本音を見せない」とも言われています。

「一見さんお断り」
空席があったとしても、店の雰囲気や空気が悪くなると、常連さんに申し訳ないのでお断りする。乱されたくない。

この京都の性格はどこで作られるのでしょうか?

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

京都は外敵から「京都御所」を守るために、結界が張られていました。
風水でいう鬼門と呼ばれる場所は北東。
「下賀茂・上賀茂神社」は御所からみて北東にあたります。
裏鬼門である南西を守っていたのは「松尾大社」です。

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
日本列島龍体説

日本列島を龍に例えると、北海道は頭、四国は龍の玉、九州は足、心臓は東京。
では、京都は??

ズバリ、子宮です。

(ちなみに、角にあたる北方領土がなくなってから日本は大人しくなったと言われています。角は戦い・戦争の象徴だそうです。)

京都は「子宮」。
子供を産み出し、守る場所なのです。

京都は文化発祥の地。色々な言葉も産み出しました。
守りながら新たなものを産み出していく。
これぞ、京都の産土力です。
それが、「下賀茂・上賀茂神社」の働きと伝えられているそうです。

(次回は「糺の森」について、つづく)

桜満開!!

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
我が家の庭?高槻の芥川桜堤公園の桜が満開です。

7日は教室の生徒さん達との恒例のお花見だけど、、、桜
花より団子!割り箸

野外コンサートも楽しみです。音譜


3月も終わり、いよいよ2013年度がスタートしました。
教室スタートして丸15年。16年目に入りました。
クロマチックハーモニカと出会って、12月で20年。

与えられた天職は、30年やり続けて天命を果たしたことになるそうです。
あと、10年かぁ~~。

最初の10年はがむしゃらに突っ走り、、。
次の10年で一つの形を作る。
最後の10年は充実・発展となるはず???

未来はどうなるかはわからないけど、
今日出来ることを地道に取り組む!の積み重ねですね~足あと

去年、マネージャーと桜を見ながら、
「一年後にこの桜が咲くころは、どうなってるんやろうね~」
なんて言っていました。
たった1年なのに、私もマネージャーもガラッと環境が変化しました。

さあ、来年またこの満開の桜を見る時、
どう環境が変化しているのか?楽しみです。

「鳴かず飛ばず」

イザというときのために、
日々精進ですね!!
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
プロフィール

クロモニ♡あいん

Author:クロモニ♡あいん
半音階のでるクロマチックハーモニカで音楽活動しています。
関西を中心に教室で後進の指導と演奏活動が主な仕事。
日々のレッスンでの出来事、おススメの本や映画、旅日記など徒然に書いています。どうか、おつきあいくださいね!

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
これまでのお客様数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR