FC2ブログ

祈るということ、、、。

私はその人柄のうちに
いくらか老人的なものを持っている
青年を好ましく思う。
同じように青年的なものをいくらか持っている
老人を好ましく思う。
このような規則に従う人間は
体が年をとっても
心が老いることはけっしてない。


マルクス・T・キケロ(共和政ローマ期の政治家)


本日(16日)は好ましいお二人にお会いしました。

私の梅田教室の生徒さんでボランティアで朗読をされているKさん。

西宮市大学交流センターにて開催された
「平和のつどい」
の第一部で、原爆詩
「ヒロシマから水辺の祈り」
を朗読されました。

何カ月か前、そこにハーモニカの演奏をつけて欲しいとのご依頼がありました。
同じ広島出身ということもあり、この度アカペラで朗読の間に演奏をさせて頂きました。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

Kさんはある病気をされてから、人生が変わりました。
死を意識することで、
前向きに、今できる、やりたいことをやろう!と思われたそうです。
とってもエネルギッシュです。

楽屋でお話していて、びっくりしたことがありました。
広島繋がりで共通のご縁があったのです。

広い関西でご縁をいただくだけでもキセキなのに、
この度の朗読詩との出会いのキッカケとなったKさんの親友が、
私の広島の父方先祖代々のお墓があるお寺の方だったのです。

今日の平和のつどいはシナリオが前からあったのでは?
と思うほどの驚きです。
目に見えないけど、、、繋がっているんだなぁ~と思いました。

今年の夏は父の23回忌でした。
その時お寺の前で写した写真です。↓
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

Kさんの朗読は「祈り」そのものでした。
とっても素晴らしかったです。
私も感動しハーモニカにも祈りを込めました。

祈り、、、。

今日(16日)の夜、お会いした遊眠さんの一人芝居。

「ウィンドミルバレー 最後の三日間」

作・演出 ナツメクニオ
出演 林遊眠(一人芝居)
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

西方協会暦627年、
北の山脈にある小さな集落「ウィンドミルバレー」は、史実から消滅する。

住む場所を追われ、
その存在すら伝説と言われ、
魔物の潜むと言われる山中に住む400人の蛮族たち。
大国の進軍の最中、
蹴散らさせるだけの存在だったはずの彼らは、
一人の指導者を得て、
やがて闘いの道を選択する。

降伏か、全滅か、
抗うことのできぬ豪雪の山中を舞台に、
史実に記されることすら許されぬ壮絶な戦闘の幕が上がる。

劇団ショウダウン、林遊眠がたった一人で演じきる一人芝居第二弾、
「ウィンドミルバレー最後の三日間」

女神に出会った男は大国を裏切り、
そして羊の群れを率いる獅子となる・・・

(ちらしより、、、)

高槻教室のとっちゃんは遊眠さんの大ファンで応援者です。
とっちゃんから情報を頂き、今回で2回目です。

前回の「メビウス」も素晴らしかったですが、今回益々パワーアップされました。

一人で何人も演じられ、
その声と動きに気迫を感じました。

ここにもテーマ「平和」がありました。
体全体を使って演じている姿に「祈り」そして「愛」を感じました。

応援したくなる、とっちゃんの気持ち良く分かります。

同じ表現するものとして、
私も「祈り」と「愛」を伝える伝導者にならなくては、、、。
と沢山のパワーを頂きました。

充実した一日でした。
御堂筋のイルミネーションも綺麗でした~。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
スポンサーサイト



プロフィール

クロモニ♡あいん

Author:クロモニ♡あいん
半音階のでるクロマチックハーモニカで音楽活動しています。
関西を中心に教室で後進の指導と演奏活動が主な仕事。
日々のレッスンでの出来事、おススメの本や映画、旅日記など徒然に書いています。どうか、おつきあいくださいね!

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
これまでのお客様数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR