FC2ブログ

映画「ヘルプ~心がつなぐストーリー」



『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』(原題: The Help)は、キャスリン・ストケットの小説『ヘルプ 心がつなぐストーリー』を原作とした2011年のドラマ映画である。
1960年代の公民権運動を背景とし、ミシシッピ州ジャクソンに住む若い白人女性のスキーターと2人の黒人のメイドの関係を描く。
監督・脚本はテイト・テイラーである。評論家に高評価され、商業的にも製作費2500万ドルに対し、興行収入は1億7500万ドルを超える成功作となった。
公式サイトはこちら

ケネディの時代のお話。
つい50年前のアメリカ。

明るく楽しく作られた映画ですが、中身はあくまで痛烈。

とりわけ傑作なのは、地元の白人女性たちが開催する慈善パーティーだろう。

彼女らはコートや焼き菓子をオークションに出して、その収益をアフリカの恵まれない子供たちのために役立てようとする。
同時に、屋外に黒人専用のトイレを設けて、屋内ではトイレすら使わせないイニシアティブを推し進めようとしている。

凄い偽善者ぶり!
でも、彼らの誰一人として自分たちが偽善者だなんて思っていない。
こんなことって、私たちの周りにも溢れているよね。

このような慈善パーティーが平和裏に成功したら面白くないわけで、映画の中では観客が溜飲を下げられるようになっている。

でも、世の中の差別や偏見は、映画の中でちょっと溜飲を下げただけで解決するものではないと、何か重いテーマを突きつけられる。

一人では何も解決できないかもしれない。
だからといって社会の色んな問題を、どこかの権力者や、何かの偉い人に全く任せておけば良いものではない。
聞くべき耳を持てば、周りに「ヘルプ」と叫んでいる人はいるのではないか?

当時のファッションは、バービー人形をみているようで楽しく美しい。
バックに流れる音楽も懐かしい。

殆ど女性中心の出演者。
男性は影が薄い、、、。

テーマは重いけど、全体的には明るい。
だからこそ、心に何か残る、、、。

おススメの映画です。
劇場ではもう公開されていないようです。
レンタルで是非!
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

去るもの追わず

パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学/三五館

¥2,940
Amazon.co.jp

あの人の意識は1~1000の、どのレベルにあるのか。あなたはどうなのか!「プライド」は175でしかない。「勇気」の200と「愛」の500が精神性のターニングポイントになるという。

キネシオロジストとしてこの本を何年か前に興味深く読みました。
キネシオロジーを使って「人間のレベル」を測定するというアイディア。

0~1000の値で人間のレベルを計ります。
0~200はフォースの領域、200~1000がパワーの領域です。

「類は友を呼ぶ」
「引き寄せの法則」
「鏡の法則」
「波長の法則」


色々な言葉で言われていますが、、、。

性格や資質の似ている者同志は、自然と集まって仲間になるものです。
似たもの同士集まるという意味ですが、心のエネルギーレベルという言い方の方が分かりやすいと思います。

ポジティブなエネルギーを持っている人と、枯渇している人。

 心のエネルギーレベルの高い人
 ・明るい・前向き・よく人をホメる・物事のよい面を見る
 ・自分の好きなことをする時間を大事にしている

 心のエネルギーレベルの低い人
 ・ほめない・悪口を言う・ネガティブ・批判的・キツイ・暗い
 ・物事を悪い方に解釈する・異常に忙しい

低いエネルギーレベルの人は、同じく低いエネルギーレベルの人と共鳴し合う(引き合う)のです。
高いエネルギーレベルの人は、高いエレルギーレベルの人との縁が生じるのです。
これは自然の法則です。

韓流ファンは韓流ファンと話が合うので、いつの間にか仲良くなっている。
そして同じような韓流ファンが、その人の周りに自然と集まってくる。

「男は性格よりお金だ」と考える女の人の周りには、同じ様な考えの女の人が寄ってくる。

汚い言葉しか使わない人の周りには、同じ様な言葉を使う人が集まってくる。

1日中メールしている人の周りには、ケータイが無いと生きていけないという様な人が集まってくる。

釣り、車、鉄道、登山、旅行、スポーツ、グルメ、オーディオ、漫画、ジャニーズ、など趣味が同じ人が自然と集まってくる。

ヤクザにはヤクザが近づいてくる。

必殺仕事人には仕事人が近づいてくる。

ルパン三世には、次元、五右衛門、不二子が寄ってくる。

等・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「来るもの拒まず、去るもの追わず」

私は教室において、貫いてきた理論です。

自分のところを去りたい人を引き止めるようなことはしないし、自分のところを信じてやって来る人は、すべて受け入れるということです。

人によっては私は冷たい人間のように思うかも知れませんが、その根底にはこの「類友」「引き寄せ」の法則があるのです。

自分のこだわりを捨て、他人の意志を大切にするという意味があるようで、孟子さま自身が弟子を取る時に決めたやり方の1つだったようです。

「去るものを追うとき」

私の中に執着、依存、貪欲が見え隠れしたりもします。
今まで何度も何度も、心の中で葛藤がありました。
秘かに泣き叫びました。

追ってもしがみついても、人の心は変えることはできません。
その度に自分の弱さと本当に求めているものが見え始めてきます。

そして、、
「去って行ったことにくよくよと意識を向けるよりも、今あるココを育むことが大事」なのだと毎回気付かされます。

「来るもの拒まず、去るもの追わず、内を観る」

ということですね。
私を成長させてくださった全ての方々に、、、
ありがとうございます。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

映画「サラの鍵」


見たかったけど、劇場で見れなかったこの映画。
新しく買った「IPAD MINI」でレンタルして見ました。

予告編はこちら↓
「サラの鍵」

生き延びてしまった者の苦悩、、、。

良かれと思って小さな弟を納戸に隠したサラ。
しかし彼女は、弟が置き去りになったのはお前のせいだと両親から責められるはめに…。
やがて彼女は、置き去りにした弟のその後の運命を、自分の目で確認することになる。
その衝撃…!

サラのその後の人生は、どんなに重かったことでしょう。

色々なことを考えさせられる映画でした。
ナチス関連の映画は今まで色々と見ましたが、また別の切り口でした。

静かですが、しみじみと心に沁みる秀作です。
ラストシーンで何故か涙があふれました。
サラの人生が救われたような気がしました。

劇場では、公開は終わりました。
もし機会があればレンタルで是非!
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

一人ではないんだよ

子日く
徳は孤ならず。
必ず隣あり。


先生が言われた。
「徳のある人間は孤立しない。必ず仲間ができる。」
(色々な徳は、ばらばらに孤立してはいない。必ず隣り合わせで、一つを身に付ければ隣りの徳も付いてくる。)

孔子さまのお言葉です。


自分が学び得たことや技術であっても、世間に省みられず、認められないことは虚しく耐えがたいことかも知れません。

そこで自分の志を曲げて、妥協して世間に認められるよう迎合してしまいがちです。
その方が生きるのが楽なように思うのです。

でも孤独あっても真っすぐに道を求め続け、学び続けていれば、他にはないものが魅力となりおのずから理解者は現れ、支持する人も出てくるもの。


陰徳陽報ということばがありますが、目立とうが、目立つまいが、人の嫌がることや、避けて終いがちなことでも、喜んでさせていただく下座行、

陰徳の行を修めることで、自ずから身に光は備わり徳は高まり、人々は慕い集ってきて孤にしてはおかないものなのです。

徳が身に付くことで、人への「礼」が整い、正しい道理である「義」が備わってきます。
すぐれた資質はまた別のすぐれた素質を引連れてやってきます。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

先日、私の生徒のHさんが高槻市にビルを建設し、その一階部分であります
「スタジオWooo」
のこけら落としが開催されました。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

私のハーモニカ教室の生徒達限定のご招待でした。

そこでのHさんのお言葉、

「私ひとりが考え、私ひとりで動かす。その繰り返し。
9月に倒れ、命の重みを知らされ、またその時にも、周りの方々の応援を受けました。

当日も朝早くから段取りに。もちろん、今週もずっと。そして、その前もずっと。
いつも、みなさんの友情・好意に裏付けられた応援に助けられてまいりました。

我々仲間の心豊かにする、楽しめる空間にしていきたいと思います。
よろしくお願いします。そして、何度もありがとう。」


Hさんの陰ながらの人徳によって、自然と仲間たちが慕い集ってきたのでしょう。
当日の様子はこちらの動画をご覧ください。↓


素晴らしい仲間力!
優しい愛に溢れた素敵な空間。
これからもどんどん楽しいこと企画しましょうね~。

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

「楽しむ」が一番!

子日く、
これを知る者はこれを好む者に如かず。
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。


先生が言われた。
「学ぶにおいて、知っているというのは好むに及ばない。
学問を好む者は、学問を楽しむ者には及ばない。」

学ぶことを、
「知る」「好む」「楽しむ」
の三段階に分けて、比較しています。

孔子様は「楽しむ」ことを最上位に置いていました。

たとえば、ハーモニカでもテクニカルな方法を「知る」だけでは、必ずしも上達にはつながりません。
それよりも「好き」という思いがあることが、上達をうながします。
さらに最上級なのが、ハーモニカが「とにかく楽しい」という高揚した気持ちです。

楽しむとは、無心の境地。
だから力が最大限に発揮されるのです。


ハーモニカ以外でも、学びでも仕事でも、、、
ただこなすのではなくて楽しみの境地まで高めてしまう。

するとどんな小さなことでも思わぬ醍醐味が待ち受けていて、より高い世界へといけるのでしょうね!

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

「自分の今行っていること、
行ったことを心から楽しめる者は幸福である」


ゲーテ (ドイツの作家・詩人)


幸せのコツは「今を楽しむ」ことですね!

働くことを楽しめる、学ぶことを楽しめる、

遊ぶことを楽しめる、趣味を楽しめる、

夢や目標をもって努力することを楽しめる、

まわりの人といっしょにいることを楽しめる、
  
歩くことを楽しめる、くつろぐことを楽しめる、
  
食べることを楽しめる、寝ることを楽しめる、・・・

生活の中に、心から楽しめることを、一つ一つ増やしていけたら、それだけ幸せになっていけるのではないでしょうか。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

たとえ何だか嫌な仕事であっても、折角なんだから「(その事を)楽しもう」と
思うか思わないかでは、感じ方が変わりますよね!

楽しむためには、心の余裕が必要なのかもしれません。
ちょっと肩の力を抜いて、楽しんでやれたらいいですね~~

今だったら、紅葉した山を楽しむように、、
人生を楽しめたら、幸せだと思います。

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

足腰にご利益あり!~護王神社

京都御苑のちょこっと西、「蛤御門」の西側にある

護王神社。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

平安京造営に力を尽した和気清麻呂(護王大明神)が宇佐へ配流の際に、道鏡から送り込まれた刺客に襲われたのを、突如現われた300頭の猪によって難事を救われた。イノシシの御守護により、不思議と立って歩けるようになったと。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
その故事から、
足腰の守護神と仰がれています。

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
この猪の頭をなでるとご利益あり!!!

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

私の周りの、足腰が弱くって困っている人たちのためにお祈りを捧げました。
毎月21日にご祈祷されているようですよ。(参加無料)

姉の和気広虫姫は戦乱で身寄りを失った多くの子供達を助けて養子として育てました。
広く厚い慈愛心あふれる姫のお姿は、今も社会福祉・保育事業の鏡としてその道に携わる人々から尊敬され、子育明神として仰がれています。

京都御苑など行かれる時に是非、お立ちよりくださいね!
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

今日は立冬ですよ~

立冬とは、冬の始まりという意味です。
いよいよ冬ですね!

これからは太陽の光が弱まり、冬枯れの景色が目立つようになります。

農作物の収穫が終わり、動物たちが冬眠の準備をはじめる時期だとか。

中国では「立冬補冬」という言葉があり、この季節には季節の食べ物を選び、十分な休養をとって来春の為に備えるそうです。

お鍋や煮物、おでん、豚まんなどなど、温かい食べ物が恋しくなる季節ですね。
カス汁もいいよね~

昨日は鍋一杯におでんを作りました。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

今日も明日もおでんです~(*^_^*)

食品には冷性と温性があるって知っていますか?

ちなみにお茶の中でも一般的に緑茶は「冷性」、
紅茶は体を温める「温性」と言われています。

これは、そもそものお茶の製法の違いで、緑茶のような発酵度の低いものは体を冷やす作用があり、同じ茶葉でも発酵度の高い紅茶やウーロン茶は体を温める作用があるそうです。

他に温性食品は、基本的に秋冬が旬の食材(薬味、根菜類)などです。

例えば、野菜では :ニンジン、レンコン、 ネギ、ニンニク、ピーマン、タマネギ、ショウガ、ジャガイモなど。

肉類:羊肉、鶏肉など。

魚類:エビ、アジ、サバ、フグ、ウナギなどです。

今は年中、なんでも手に入るので季節感が麻痺してますよね。
でも、なるべく旬のものを食べるようにしています。

でも、冬の主婦の味方はなんといっても

鍋料理

私が好きなのは、

1 ちゃんこ鍋
2 よせ鍋
3 水たき
4 しゃぶしゃぶ
5 湯豆腐

お財布がリッチなときは、すき焼きやカニ鍋もいいなぁ~~音譜

最近は、色んな種類の鍋があります。

キムチ鍋、モツ鍋はもう定番だけど、
トマト鍋、カレー鍋、豆乳鍋、塩麹鍋、、、。

何品も作らなくても、野菜もお魚もお肉も食べれるのはいいよね!
〆の雑炊がまた美味しい!

おでんの次は鍋にしよ~
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

京都御所、秋の一般公開行ってきました!

京都御苑は、東西約700メートル、南北約1300メートルに及ぶ国民公園。
京都御所、大宮、仙洞御所、京都迎賓館などがこの中にあります。

京都御所は京都市ににある皇居で、鎌倉時代中期から明治時代初期まで(500数十年)、天皇が住んでいた宮殿です。

風水的に護られ、優れた場所に建っているため、京都のパワースポットとして知られています。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

春と秋には一般公開されます。
11月4日まででしたので、3日の土曜日に行ってきました。
京都御所の写真

ちなみに、20数年前も春の一般公開に行きました。
その時は若かったし、デートだったので何も覚えていません。
とにかく、広いなぁ~~でかいなぁ~~って印象でした。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪


さてさて、、、パワースポットとは?
大地の力(気)がみなぎる場所。
地球に点在する特別な“場”。


と言われていますね。

パワーチャージと思って行ってみましたが、人が多すぎて、、、ガーン

その上、カメラを持って行ったのにバッテリーを入れ忘れてしまって、携帯でしか写真が撮れませんでしたダウン

お庭はやっぱり、美しいですね~
とっても癒される風景です。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

次に行く時は、「母と子の森」あたりでゆっくりと過ごしてみたいです~。


ところで、久しぶりの京都地下街、JR京都駅の地下に新しいお店が沢山できていてビックリ目

西日本初出店となる、東京で大ブレイクした焼きたてのプレッツェルを提供する「アンティ・アンズ」。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
(お店提供の写真です)
すごい行列でした。
並ぶ体力がなかったので、残念~~。

やっぱり、平日の人の少ない時にゆっくりと巡りたいと思います。
京都はこれから見どころ一杯です。
隙間時間ができたら、ぶらりと出かけてみたいと思います。

小さいことは気にしない、気にしない!!!

なぜ、どうでもいいような小さいことまで気になって仕方ないのでしょうか?
なぜ、本当に小さなことをあれこれ考えて、クヨクヨしてしまうのでしょうか?

小さいことが気になって仕方ない原因は、自己肯定感が希薄なことにあります。
自分で自分を認めていないために、他人に良く評価されることで、自分を認めようとします。

だから、他人の目や他人の評価をものすごく気にします。
とてもデリケートで、他人に少しでも批判されたりすると、自分の全人格を否定されたかのように感じて、すごく傷つきます。

他人に少しでも悪く思われることは耐えられないほど辛いのです。

そのため、他人に悪い評価をされることがないように、完璧を目指します。

この完璧を求めることが、落とし穴です。

人の世界に完璧なんてあり得ません。
完璧でないからこそ、失敗もします。
そして努力して大きな壁を乗り越えた時に最高のギフトが天から与えられるのです。

(私が今までお会いした尊敬する魅力的な人たちは、人生の中でその人なりの大きな壁にぶち当たり、努力して乗り越えてきた人ばかりです。)

それなのに失敗のない完璧な人生を目指して、その完璧を基準にして自分も他人も見てしまうのです。
実は、自分も他人も心の底では許せないのです。

完璧を基準にして考えるから、どうでもいいような小さいことまで気になって仕方ないのです。

そのような人たちは、誰かをターゲットに悪口を言うことでそのストレスを発散します。
同じ者同士で固まり、自分たちは完璧だと慰め合います。

そして、自分の価値観ではなく、他人の価値観で行動してしまいます。
他人の価値観で生きてしまうから、非常に生きづらくなってしまいます。


ひとはそれぞれ、乳幼児期・幼少期の体験が違っています。
親(保護者)に、どれだけありのままの自分を受け入れてもらったかが、その経験が潜在意識に刷り込まれているのです。

表にはっきり出てくるのが、少年期、青年期、あるいは大人になってからだとしても、そのベースはとても幼い時期につくられています。

そして、
「三つ子の魂百まで」

と言われているように、それは非常に変わりにくいのです。

でも、その原因に気付くことで、大人になっても潜在意識に入ってしまったその感情をクリーニングすることができます。

マイナス思考をプラス思考に変えていく。

数年前から流行している本で↓。

ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のため.../徳間書店

¥1,575
Amazon.co.jp

「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています」
たったそれだけの言葉で、誰にでも、いますぐに、簡単にあらゆる問題が解決できる奇跡の秘法「ホ・オポノポノ」。
ハワイの州宝だったモナ・ナラマク・シメオナから伝統ヒーリングの伝承を受け継いで体系化した「セルフ・アイデンティティ・ホ・オポノポノ」を継承者のヒューレン博士自身が初めて語る。
もしわたしたちの人生がうまくいっていないなら、それは過去の記憶が現在に反映されているから。わたしたちの潜在意識に1秒間に100万個も立ち上がってくる記憶をクリーニングしてゼロの地点に立つことができれば、聖なる知能がわたしたちに降りてくる。自由で、豊かな人生を約束する「ホ・オポノポノ」のすべてがここに。(本の説明より)

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

でも、私は、、、「ごめんなさい、許してください」のところが何だか、私が悪いみたいで、ちょっと罪悪感のような、、心に引っかかってしまします。

そこで、日本人バージョンの「ホ・オポノポノ」。

「すべてを許します」
「清まり輝きます」
「ありがとうございます」
「今を楽しみます」
「内なる神をあらわします」


毎日、1回でも2回でも良いから、鏡に向かって声に出して行ってみて下さい。
声に出すことで、潜在意識が変わります。
ニコッと笑いながら、、、。
私の健康法⑥~無表情に注意!

一度きりの人生ですから、小さいことを気にせずに、前向きに楽しく生きていきたいですよね~~
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

大社長の秘密

老舗企業ってありますよね。

高島屋とか三菱とか三井住友とか鴻の池とか、、
昔からの酒屋さんとか醤油屋さんとか、、、

創業100年とか300年とか、ざらに日本にはあります。

韓国とか中国とかは70年以上、3代以上続いた企業とか会社とかは殆ど存在しないらしいです。
江戸時代からずっと変わらずその地に根を降ろしてずっと続けているのは日本だけなのです。

ある方が、何百年も続いている老舗のお店とか企業の共通点を調べつくした結果、分かったことがあったそうです。それは、、、

信仰心があつかった。
または、それに基づいた家訓があった。


ということ。
神道、仏教、儒教など。


有名なところで、近江商人の経営理念に
「三方よし」

という考え方があります。
これは、「売手よし、買手よし、世間によし」のことを言い表したものです。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

商売を行うからには儲からねば意味がありません、そのためにはお客さんにも喜んでもらわなければなりません。

ですから、「売手よし、買手よし」は当然のことといえますが、近江商人には、このうえに「世間よし」が加わって「三方よし」となります。

これは300年生き続けてきた理念で、近江商人特有のものとなっています。


他にも松下電気の松下幸之助さんも会社の中にも神社を立てたり、
西武グループの堤康次郎さんも、箱根の九頭龍神社に何億円も寄付して再建に力を注がれたとのこと。

神様を信じることによって人生が良くなるってあると思います。

昔、「突撃、社長のお宅」みたいな番組がありました。
その番組が好きで、毎回見ていた人がいました。
大きな会社の社長の自宅にお邪魔してインタビューするわけですが、そこでも共通点があったそうです。

ほぼ、全員の社長のお宅には、、、
神棚があった。

ということ。
つまり、信仰心を持っているということ。

中には、神棚がないところもあったそうですが、そこの社長の会社は(うそかほんまか)何年か以内に潰れたとのこと。

神様を信じること。
目に見えないお陰さまの世界を信じること。
そして、日々感謝すること。


社長でなくても、自分の人生を良き方向に変えたいと思うのなら、信仰心をもつことが大切なのだと思います。

人間の能力には限界があり、自分の努力だけではどうしようもないこともあり、そこから先は神仏などの「絶対者」に帰依するよりほかはない。
これまた、近江商人の宗教観です。


私は、若いころは信仰心のかけらもありませんでした。
神社は初詣か旅行の時に立ち寄るだけ。
行ったとしてもお願い事だけして努力せず他力本願。
(願いが叶わないのは当然です)

けれども、自分一人ではどうしようもできない壁にぶち当たった時、何か分からないけど不思議なご縁に助けられました。
生きていれば、成長しようとすれば、必ず誰もが経験する壁。
それを乗り越えるためにがむしゃらに努力をしていると、信じられないような手助けが与えられるのです。

私一人で生きているのではない。
何か目に見えない大きな力が働いたに違いない。
心の奥底から感謝の気持ちで一杯になりました。


それからは私も信仰心を持つようになりました。

29日の月曜日も生徒さんと共に、奈良県の天河村にある「天河大弁財天神社」で奉納演奏もしました。
心が洗われるような、素晴らしい体験でした。

日々、生かされていることに心から感謝です。
ありがとうございます。 

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
プロフィール

クロモニ♡あいん

Author:クロモニ♡あいん
半音階のでるクロマチックハーモニカで音楽活動しています。
関西を中心に教室で後進の指導と演奏活動が主な仕事。
日々のレッスンでの出来事、おススメの本や映画、旅日記など徒然に書いています。どうか、おつきあいくださいね!

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
これまでのお客様数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR