FC2ブログ

感覚を磨くことの大切さ

自分の体を浄化していくと、感覚が鋭くなります。

まずは腸を綺麗にすること!

(腸は「第2の脳」とも言われ、「超能力」はここにあるとも言われています。)

すると、血液もサラサラになり体が軽くなります。
前のブログで書いた「鼻うがい」も外からの邪気を浄化できます。

(ブログ:効果てきめん!私の健康法①~鼻うがい)

浄化が進むと添加物の入ったインスタント食品が食べられなくなります。
無意識に体に悪いものを拒否してしまうのでしょうね~~

しかし、、、世の中には無添加、無農薬って表示してあっても実は添加物使ってた、とか、
特保のコーラの中に発がん性物質が入っていたとか、、
表面的な情報は嘘が一杯です。

何を信じていいのか???

音楽でもそうです。

世の中には五万と上手いテクニックのある人はいるけど、、
マスコミやテレビでは、これがいいと言うけど、、、

何かが違う、、、。


何かを鑑賞したり、感動したりする時に知識はいらない。
感じる力は誰にでもあるし、
感じ方に「正解」はないのです。

特に音楽は、演奏しているその人の人間性や、その人の幸福度にリンクしているように思います。

ああ、ほんまにいいなぁ~
毎日でも聴きたいなぁ~

って思えるCDに中々出会えないんです(>_<)

だからこそ私も演奏をする時、どんな心で吹くかをとても大事にします。
でも、表面的に繕っても、無意識の気が音に乗っかるからね~~
誤魔化しは効きません(汗)

(ブログ:幸せコトバ力アップの本当の秘訣は?)

これからの時代は、外からの見える情報ではなく、自分で感じ取り、自分で判断することが大切です。

目に見えない感覚を大事にする。

じゃあ、どうやって感じるの??

人間には大昔に角と尻尾がありました。
それらは危険を察知するためのアンテナの役目をしていました。

安全に生きられるようになったのでそれらは退化していきました。
しかし、眠っているけど感じるアンテナはあるのです。

どこにあるの??それは、、、

「背中」です。

感性は背中に現れるのです。

嫌だな~~って思う人に後ろに立ってもらいます。
その時、どう感じる?

背中がゾワ~って感じる?
(ホラー映画や怖い番組見たときみたいに、、、)

意外にそうでもない?
(表面しか見ていなかったのかも?)


もう一つ、体でチェックできるのは、

「呼吸」です。


恐怖感、不安、落ち着かない感じ、威圧感などを感じると、
呼吸は浅く、息がつまる感じがします。

心が安らぎ、安心して、リラックスすると、
呼吸は深く、ほっとした感じがします。


それと、潜在意識にアクセスして、自分に合うかどうかをチェックする方法に、

「キネシオロジー」があります。

しかし、これは正式には誰かにチェックしてもらうのが前提です。

でも、一人で出来るキネシオロジーもあります。


体が前に傾く(前頭葉が前に引っ張られる)感じがするとYES。

体が後ろに傾く(後頭葉が後ろへ引っ張られる)感じがするとNO。

私もスーパーなどで何かを購入しようか迷ったとき、それを手にして体の反応でチェックしたりしています。

物を捨てようか?迷った時も、
背中に置いてみて、呼吸を観察してみるといいですよ。

自分の部屋が、自分の本当に好きな物で満たされている時のエネルギーは凄いものです。

私はそうやって断捨離に取り組んでいます。

口にするもの
身につけるもの
毎日目にするもの

呼吸が浅くなるのでしたら、
思い切って、目の前から離していきましょう。

好きな物を目にすることで毎日小さな感動を味わい、感性が揺さぶられるのです。

本当に自分に合う、
気や波動のいいものを
自分の感性で選択していきましょう!

そして、今いる場所を最高のパワースポットにしましょう(=⌒▽⌒=)


$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

スポンサーサイト



プロフィール

クロモニ♡あいん

Author:クロモニ♡あいん
半音階のでるクロマチックハーモニカで音楽活動しています。
関西を中心に教室で後進の指導と演奏活動が主な仕事。
日々のレッスンでの出来事、おススメの本や映画、旅日記など徒然に書いています。どうか、おつきあいくださいね!

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
これまでのお客様数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR