アメリカインディアンの死生観

昨日から今日にかけて、台風の影響で家に閉じこもっていました。
折角なので、断捨離に取り組む事に。

大量の本の整理をしていたら、懐かしい本を見つけました。
アメリカインディアンの教え

アメリカインディアンの教えアメリカインディアンの教え
(2000/09)
加藤 諦三

商品詳細を見る


今年に入って私の生徒さんが4月と、この8月に2名お亡くなりになりました。
お二人とも80歳代の男性でした。
身近な方の死は、生きる事とは何か?と改めて考えさせられます。
そんな思いの中、この本に再会しました。

この本の内容から、

アメリカインディアンは死を恐れません。
彼らには、行く場所があるからです。
アメリカインディアンは、死ぬと魂が別の世界に行くと信じています。
この世に生まれてきたのと同じように、また別の世界に行く。
彼らの考えでは、
肉体が魂を持っているのではなく、
魂が肉体を持っている

のです。

肉体がなくなったとき、魂が“回復する”と考える。
生と死は、まるで季節の変わり目のように繋がっている。
だから自然に死を受け入れ、死を恐れないのです。

またアメリカインディアンは、自分たちは自然の一部だと考えています。
彼らにとって薫る花は姉妹、大空を飛ぶコンドルは兄弟で、自分たちは大地の一部なのです。
そして自然の至るところに、神が宿っていると信じています。
森羅万象に神が宿ると考えていた、古来の日本人と似ていると思います。
死によって魂が肉体から解放されて、すべて自然の中へと浸透していく。

彼らはこう語っています。
生と死はサイクルの部分です。
死は季節の変化のようにすばらしいものです。
歳をとっていることは秋の美しさと同じようにすばらしい

と。だから彼らは、単純に穏やかに死を迎えられるのです。

そして、有名なアメリカインディアンの名言にこんなものがあります。

あなたが生まれたとき、
周りの人は笑って、
あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬときは、
あなたが笑って、
周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

〜作者不詳

皆に祝福されながら誕生した「生」が、やがて年月を経て、世界を肯定しながら穏やかな「死」を迎える。
その豊かで暖かい世界観に、私は何年も前に心を動かされ、そんな生き方を意識するようになりました。

2人の生徒さんは、直前までハーモニカを楽しんでおられました。
その嬉しそうな、そして子供のように無邪気な笑顔が今も忘れられません。
その魂は自然の一部となって、また新しい世界で生まれてくるのでしょう。
今世でご縁を頂けた事に感謝し、

心からご冥福をお祈りいたします。




スポンサーサイト

新たなスタート!

20歳だろうが80歳だろうが、
とにかく学ぶことをやめてしまったものは
老人である。
学び続ける者は、みな若い。
人生において1番大切なことは、
頭を若く保つことだ。

ヘンリー・フォード


24日は誕生日でした。

一年前の誕生日に書いた日記↓
流れにのるということは

昨年2012年8月から今年2013年8月。

大きな出来事は、YAMAHAミュージックメディアから出版されたクロマチックハーモニカの本。
予期せず突然出版の話が舞い込んできました。
私にとっては丁度節目の20年。

絶対! うまくなる ハーモニカ100のコツ/ヤマハミュージックメディア

¥1,890
Amazon.co.jp

今まで培ったノウハウを1冊の本にまとめることができました。
これも私の人生のシナリオで決められていたのではないか?と思っています。

秋にも、クロマチックハーモニカの楽譜本が出版される予定です。

大きな宇宙の波(流れ)と自分の波を上手くシンクロさせて、
楽しく明るく過ごしてきた結果かも?

逆に上手く流れない時は、執着しないで手放す勇気も必要!
何かを得るためには、代わりに何かを手放すことが宇宙の法則。

そして今年から、音楽の学びを深めるためにスタートした、

「ハモリブ倶楽部」

好調なときこそ、有頂天にならず、
次の準備をすることが大切!

音楽の知識を深める月一度の勉強会。
生徒さんたちも楽しく音楽の色々を学べて、演奏力もさらにアップ。
私も伝えるために更なる研究と勉強。

教えること=学ぶこと
人の成長=自分の成長


また一年、
今、与えられている環境の中で、
日々、楽しみながら沢山の課題を乗り越えていきたいと思います。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

京都の伝説「お見合いおばさん」

夫婦上手く過ごす究極の秘訣!とは?

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆。

京都に実在する伝説の「お見合いおばさん」。
過去100組以上のカップルをまとめて1組も別れていないらしい。

何故別れないか?

①毎年年に1回、お見合いおばさん主催の親睦会があって、
 自分がお見合いでまとめた人たちの集いを開催している。

②自分がまとめたカップルをめちゃくちゃ面倒みる。
 まめに相談にのっている。
 夫婦も何かトラブルが起きたらお見合いおばさんに相談して、
 おばさんが間に入って話し合いの場を設けてくれる。

つまり、そのおばさんは夫婦にとってメンターであり師匠なのです。

実はここに上手くいく秘訣があります。

お互い2人が一点を見つめて2者間で言い分を言い合うと歪みが生じてくる。

私あなたにこうあって欲しい。
もっと愛して欲しい。
とかとか。
どんどん感情的になって夫婦ケンカになっていく、、って良くあること。

自分と相手との間にもう一つの軸を打ち立てること。

これが究極の秘訣です。

同じ師匠を信じているとか。
同じ趣味を持っているとか。
同じ宗教を信じているとか。

価値観が違ってもいいのです。
全然性格が違ってもいいのです。

3つ目の軸はなんでもOK。

例えば同じ仕事をやっている。
旦那の事業を奥さんがそれを支える。
それは夫婦そろって同じ方向を向いているということ。

なにか共通する目標を持つ。
子供の成長でも良いです。
夫婦で一緒に子供を立派に育てあげるという志が一致していると、
イザコザがあっても何じゃかんじゃで上手くいく。

私の場合は3つ目の柱はやっぱり音楽!
一緒に音楽出来ることで、
今まで何があっても乗り越えられたように思う。

共通する信じるもの、仕事とかがあれば、
価値観とか共通してなくても、
大事にしてくれなくても、
何だかんだで原点に帰れる。

その原点をもつこと。
自分と相手と3つめ。
これがうまくいく秘訣だと言われています。

「星の王子様」

有名な言葉があります。

愛とはお互いに向き合うことではなく
同じ方向を向くことだ


本当にそうですね。

同じ方向を向ける3つめの軸があるかどうか?
これが夫婦円満の鍵かも知れませんね~

星の王子さま―オリジナル版/岩波書店

¥1,050
Amazon.co.jp

祈るということ、、、。

私はその人柄のうちに
いくらか老人的なものを持っている
青年を好ましく思う。
同じように青年的なものをいくらか持っている
老人を好ましく思う。
このような規則に従う人間は
体が年をとっても
心が老いることはけっしてない。


マルクス・T・キケロ(共和政ローマ期の政治家)


本日(16日)は好ましいお二人にお会いしました。

私の梅田教室の生徒さんでボランティアで朗読をされているKさん。

西宮市大学交流センターにて開催された
「平和のつどい」
の第一部で、原爆詩
「ヒロシマから水辺の祈り」
を朗読されました。

何カ月か前、そこにハーモニカの演奏をつけて欲しいとのご依頼がありました。
同じ広島出身ということもあり、この度アカペラで朗読の間に演奏をさせて頂きました。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

Kさんはある病気をされてから、人生が変わりました。
死を意識することで、
前向きに、今できる、やりたいことをやろう!と思われたそうです。
とってもエネルギッシュです。

楽屋でお話していて、びっくりしたことがありました。
広島繋がりで共通のご縁があったのです。

広い関西でご縁をいただくだけでもキセキなのに、
この度の朗読詩との出会いのキッカケとなったKさんの親友が、
私の広島の父方先祖代々のお墓があるお寺の方だったのです。

今日の平和のつどいはシナリオが前からあったのでは?
と思うほどの驚きです。
目に見えないけど、、、繋がっているんだなぁ~と思いました。

今年の夏は父の23回忌でした。
その時お寺の前で写した写真です。↓
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

Kさんの朗読は「祈り」そのものでした。
とっても素晴らしかったです。
私も感動しハーモニカにも祈りを込めました。

祈り、、、。

今日(16日)の夜、お会いした遊眠さんの一人芝居。

「ウィンドミルバレー 最後の三日間」

作・演出 ナツメクニオ
出演 林遊眠(一人芝居)
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

西方協会暦627年、
北の山脈にある小さな集落「ウィンドミルバレー」は、史実から消滅する。

住む場所を追われ、
その存在すら伝説と言われ、
魔物の潜むと言われる山中に住む400人の蛮族たち。
大国の進軍の最中、
蹴散らさせるだけの存在だったはずの彼らは、
一人の指導者を得て、
やがて闘いの道を選択する。

降伏か、全滅か、
抗うことのできぬ豪雪の山中を舞台に、
史実に記されることすら許されぬ壮絶な戦闘の幕が上がる。

劇団ショウダウン、林遊眠がたった一人で演じきる一人芝居第二弾、
「ウィンドミルバレー最後の三日間」

女神に出会った男は大国を裏切り、
そして羊の群れを率いる獅子となる・・・

(ちらしより、、、)

高槻教室のとっちゃんは遊眠さんの大ファンで応援者です。
とっちゃんから情報を頂き、今回で2回目です。

前回の「メビウス」も素晴らしかったですが、今回益々パワーアップされました。

一人で何人も演じられ、
その声と動きに気迫を感じました。

ここにもテーマ「平和」がありました。
体全体を使って演じている姿に「祈り」そして「愛」を感じました。

応援したくなる、とっちゃんの気持ち良く分かります。

同じ表現するものとして、
私も「祈り」と「愛」を伝える伝導者にならなくては、、、。
と沢山のパワーを頂きました。

充実した一日でした。
御堂筋のイルミネーションも綺麗でした~。
$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪

12月22日は、、、\(◎o◎)/

12月22日は、我が教室の合同発表会「ハーモニカ祭・2012」が開催されます。

偶然ですが、その日は、、、

マヤ暦でいうところの私たちの住む地球の3次元世界の終了日。
地球がアセンションを完了する日。


と言われています。

これは地球が滅亡するということではなく、古いパラダイムが終了になるとか。

「2012年12月22日マヤ暦」
で検索されると、色んなサイトにヒットしますよ!

木曜レッスンの後のアフターで、生徒さん達とその話題で盛り上がりました。

「最近良い出会いが加速度的に起きて、自分の立ち位置が変わった。」
「ケンカとかした訳でもないのに、なぜか友人と音信不通になるんだよなぁ~」
「時間が超早く過ぎていく」
「10年間かかるようなプロジェクトが1年で実現できた」

などなど、、、。

私自身も同じようなことを感じていました。
私だけではないのですね~((+_+))

ビックリしたのは土曜レッスンの小学5年生のMくん。
22日のこと、語る語る~\(◎o◎)/!

地球滅亡の日、、、なんて言う人もいるようですが、
私は、地球が生まれ変わって古い価値観が一掃され、22日からはとっても生きやすくなるような気がします。
なんだか、ワクワクします。

「12月22日は新しい地球の誕生日」
ハーモニカで皆さんと共に祝福したいと思います。

$あいんの楽笑(^O^)~クロモニ生活♪
プロフィール

クロモニ♡あいん

Author:クロモニ♡あいん
半音階のでるクロマチックハーモニカで音楽活動しています。
関西を中心に教室で後進の指導と演奏活動が主な仕事。
日々のレッスンでの出来事、おススメの本や映画、旅日記など徒然に書いています。どうか、おつきあいくださいね!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
これまでのお客様数
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR